2017年6月25日日曜日

バレエと音楽。

昨日は、バレエスタジオ Aile(エル)2017 おさらい会「Summer Consert」に行ってきました。


(いただいたプログラム。)


ピアニストの宮沢由美さんも、先生が踊るステージで、ショパンを演奏。
クラシックだろうと、アルゼンチン・タンゴだろうと、これはダンスミュージックだなと思いました。
小さなお子さんから大人まで、プロと生徒さんと一緒になってのステージは、ひとつのショーとして感動するものでした。


Aileを主宰されている阿部純子さんとは、コーコーヤのライブで知り合いました。
その後、2010年の発表会で伴奏させていただく機会をいただき、ソロヴァイオリン用の曲を何曲か作りました。
ヴァイオリンだけ、たった一人で踊りの音楽をつとめるのは当時の私にとって大変なプレッシャーで、なんとなく孤独なものかな?と勝手に想像していました。
本番になり、ステージで、メトロノームをミュートしてテンポを確かめながら「ドラマーみたい」などと内心思いつつ演奏がはじまると、孤独感など皆無に。
踊っている生徒さんを見ながら弾いていると、もうそこは、音楽のアンサンブルと同じ。
時にアイコンタクトもあり、自然と笑顔になったり、あっという間の時間を経験しました。


阿部さんが踊られる曲を、何度か打ち合わせて踊りを見ながら、感覚をつかみながら完成させていったことも、とても貴重な経験でした。
本番で、広いステージに、阿部さんと私の2人。
一緒に作り上げたあの時の感覚は、今もリアルに思い出されます。


で、その時に観に来てくれていたのが、オルケスタ・ティピカ・パンパのピアニスト、宮沢由美さん。
以前バレエを習っていた由美さんは、これをきっかけにAileでバレエを再開され、バレエで出演されたこともありましたが(私は見逃してしまい、残念!)、今回はゲスト・ピアニストとして出演されました。


ステージに置かれたグランドピアノで、由美さんが奏ではじめると、阿部純子さん、男性ダンサーの宮本祐宜さんが動きはじめる。
数分間の、夢の世界。
由美さんが奏でる、優雅なダンスミュージック。
普段はタンゴダンサーと一緒にステージに乗る機会が多いと思いますが、そういう経験を重ねているからこそ、ダンサーの動きを見ながら、きっかけを与えたり、テンポが呼応したり。
ああ、舞台芸術だなぁとあらためて思いました。


(終演後、楽屋に押しかけて2ショット!)


舞台構成、演出、指導をされている阿部純子さん。
とにかく飽きさせない演出。
ものすごくよく音楽を聴かれる方なのは前回の共演で知るところとなりましたが、今日のコンサートをみて、バレエや音楽に限らず、きっと映画や美術など、あらゆる芸術に親しまれているだろうなぁ感じました。
今度その辺り、聞いてみたい。


色々と思い出して長くなりました。
こういう、他ジャンルにふれること、とても刺激になります。
ありがとうございました!

2017年6月24日土曜日

7/6(木)はプラッサ・オンゼLive!

「hue」青山ライブまで、2週間を切りました!
 ギター笹子重治さん、チェロ橋本歩さんとのトリオは、夏から秋にかけてご一緒する機会が増えます。

2年前の夏。
1stアルバム「hue」のレコーディングに向けて、3人で音を出したのが、このトリオの始まりでした。
私名義のソロアルバムにも関わらず、ユニットのようにアンサンブルを練り上げることができ、お二人には感謝しかありません。


レコーディングも、発売後のライブやツアーも、そしてリハーサルの度に敢行される宴も、楽しい時間を共有しながら、一緒に音楽をつくってきました。

夏から、ライブや初のホールコンサート、そして各地へのツアーが始まります。
その皮切りとなるような、プラッサ・オンゼでのライブ。
美味しいブラジルのお料理やお酒とともに、お待ちしております。
皆さま、ぜひご来場ください!



江藤有希 Live『hue』at プラッサ・オンゼ

日時 2017年7月6日(木)Open 18:30 Live 19:30
会場 プラッサ・オンゼ(青山)03-3405-8015
   港区北青山3-5-2 第2青朋ビルB1
出演 江藤有希(Vn)橋本歩(Cello)笹子重治(G)
料金 ¥3,000(+order)
予約 プラッサ・オンゼ 03-3405-8015
   yukivn.info@gmail.com
   「件名:7/6ライブ予約」
   「本文:お名前、人数、ご連絡先」を明記の上、お申し込みください。
   返信メールをもって予約完了といたします。

2017年6月21日水曜日

今古今での取材。

昨日は、フリーペーパー「湘南ジャーナル」の取材で、今古今に伺いました。


(化粧坂バス停から向かうと、このような看板が)


会場に着くと、6/21(水)から始まる日本画家・武井好之さんの個展の設営が終わったところでした。
画像では少し拝見していた、大作。
もう、その力がすごい。


(波の音が聴こえてきそう。ずっとここにいたくなります。)


取材では色々なお話をさせていただき、最後に武井さんとのツーショット撮影も。
「湘南ジャーナル」掲載号については詳細決まり次第、お知らせいたします。
撮影用に持参したヴァイオリンでしたが、今古今の空間で、作品の前で、どんな響きがするのか、思わず弾いてみたくなりました。


(とびきり贅沢な空間。)


とても自然な響き。
ああ、気持ち良い。
空間からも、作品からも、力をいただく感じ。
ますますライブが楽しみになりました。


お席、おかげさまで7割方うまってきております。
ご検討中の方はお早めのご予約をおすすめいたします。


 

(この絵は武井さんによるものなのです。)


『江藤有希「hue」 Gallery Live at 今古今』

日時 2017年7月16日(日)Open 17:00 Live 18:00
会場 今古今(こんここん/大磯)0463-71-5741(15:00ー21:00受付・火休)
   神奈川県中郡大磯町大磯55
   ●電車 東海道線「大磯駅」より徒歩15分。
   ●バス 平塚駅北口より小田原駅行(平44、平45)二宮駅南口行(平46、平47)
        大磯駅行(平48)国府津駅行(平43)で「化粧坂」バス停より徒歩3分。
        大磯駅より平塚駅北口行(平47)で「化粧坂」バス停より徒歩3分。
   ※公共の交通機関をご利用ください。
出演 江藤有希(Vn)橋本歩(Cello)笹子重治(G)
料金 ¥3,500(フリードリンク・軽食付)※50名様限定
   ※膝上の乳幼児は無料。椅子をご利用の場合は大人と同一料金となります。
   ※ご来場順のご入場となります。
   ※基本的にキャンセルは出来ません。
予約 ●今古今 0463-71-5741(15:00ー21:00受付・火休) または
   ●yukivn.info@gmail.com
    「件名:7/16ライブ予約」
    「本文:お名前、人数、ご連絡先」を明記の上、お申し込みください。
    返信メールをもって予約完了といたします。

2017年6月19日月曜日

6/15(木)オルケスタ・ティピカ・パンパでした。


6/15(木)は、オルケスタ・ティピカ・パンパ@みなとみらい大ホールでした。
たくさんのご来場に感謝です。

コンサートのタイトルは「〜これがTANGOだ〜」。
ビシッ!


(リハーサルの時、ステージから撮りました)
 
 
バンドネオン6名、ヴァイオリン5名、そして、ピアノ、コントラバス。
今のメンバーになって何度目かのコンサート。
人数が多くても、1人違えばガラッと変わってしまうのがバンドなのだと思います。
特にこの楽団のスタイルは、私は身体に入るのにずいぶんと時間がかかりました。
でも、スペースの広くて音響の難しい大ホールでも、それはそれとして楽しさの方が上回るようになりました。
それも、このメンバーならではなのだと思います。
長く続けることができるのは、本当にありがたいなと思います。

 
 ご来場の皆さま、共演の皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました!

(次回フライヤー)

 
次回は7/23(日)川口リリアホールにてKAWAGUCHI タンゴ・フェスティバル 2017
日曜で、しかもかなりお得!
ぜひ、たくさんの方に体感していただきたいです。
 
 
 

2017年6月13日火曜日

タンゴのリハ/マイク/飛び入り。

昨日は、6/15(木)西塔祐三とオルケスタ・ティピカ・パンパのリハでした。
大編成でダリエンソ・スタイルでの演奏。
参加するようになって16年。
このグルーヴは他では体感できない気がします。
上手い人がただ集まっただけでは、こうはならない。
いつも、音を出すのが楽しみです。
当日は菅原洋一さんはじめ、素晴らしい歌手の皆さま、ダンサーともご一緒します。



(超豪華!)


リハ後は渋谷に移動。
長年愛用してきたマイクが断線し、修理に出しつつ新しいタイプも使いたい気持ちがむくむくとわき、ゲット。


(新しい音、楽しみです。)


そしてギター露木達也さんとピアノ宮野寛子さんが渋谷でライブをやる情報を目にし、初めてリビングルームカフェへ。
なんと、お誘いいただき一曲ご一緒させていただきました!
ドキドキした〜


(素敵な空間でした。)


でも、お二人の、柔らかく心地よい音に乗せてもらい、ステージ上で目をあわせながらの初共演、楽しかったです。


実は、露木さんとは10年以上前から知っており、かつてレンブランサが講師をつとめていた「ショーロの練習会」に参加していただいたり、コルコバードでのライブにいらしていただいたり。
そして、宮野さんとは昨年EPOさんのライブ後の打ち上げで知り合ったのですが、実は10年以上前、タンゴ関係者から私の名前を聞いていらしたと聞いて、びっくり。
まさに、そのタンゴ楽団のリハを終えた日に、そのようなお話を聞くとは。
とてもうれしいつながりでした。


露木さん、宮野さん、ありがとうございました!


2017年6月9日金曜日

9月18日(月祝)初のホール公演についての詳細情報です!

【江藤有希 海の見えるアコースティックコンサート】

9月18日(月祝)、大磯・海の見えるホールで行われる初のホールコンサートの詳細情報が公開されました。
チケットは6月30日発売スタートです!

チケットぴあの情報ページも公開されました。
また、ライブ会場でもチケットを販売する予定です。
湘南エリアの新聞朝刊に折り込まれる「タウンニュース平塚版」にも、6/8号に記事を掲載いただきました。
皆さまのご来場をお待ちしております!


(フライヤー画像。是非拡大してご覧ください!)


『江藤有希 海の見えるアコースティックコンサート』

日時 2017年9月18日(月祝)Open 13:30 Live 14:00
会場 聖ステパノ学園 海の見えるホール(大磯)
   神奈川県中郡大磯町大磯868
   JR東海道線「大磯駅」より徒歩5分。
   ※公共の交通機関をご利用ください。
出演 江藤有希(Vn)橋本歩(Cello)笹子重治(G)
料金 全席自由・一般¥3,000/学生¥1,500(高校生以下・当日学生証提示)
   ※就学前のお子様の同伴、ご入場はご遠慮ください。
予約 チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:334-516)※6/30発売
   またはライブ会場にて販売。
お問い合わせ 山﨑 090-4377-2148 または yukivn.info@gmail.com

2017年6月8日木曜日

国境のない音楽会、ありがとうございました!

6/6(火)「国境のない音楽会」@風知空知、たくさんのご来場ありがとうございました!

江藤有希trioは一番手。
おなじみのチェロ橋本歩さんと、初トリオとなるギター助川太郎さん
アルバム「hue」の曲は、笹子さんのギターを真似するのではなく、曲のリズムは基本にすえつつ、太郎さんサウンドが炸裂!
太郎さんにお願いして良かった〜と思いました。
歩さんからも今までと違うアプローチが。
「hue」の新たな風景でした。



(助川節、炸裂!歩さんも炸裂!)


二番手の今村つばささん、甘い歌声とギター。
ほぼすべての曲がポルトガル語なのです。
彼女が大好きというブラジル音楽のジャンル・MPBのカヴァーは、そのサウンドをそのまま再現するのではないところが、その最たる特徴に思いました。
「Maluco beleza」でご一緒させていただきました♪

そしてトリの鈴木雄大さん。
雄大さんの曲、知ってます!という方は実は多いと思います。
歌詞が、ぐっと入ってきます。
その歌声は、圧巻。
ギターとキーボードを行き来しながら、様々なリズムを奏で、歌う。
客席がどんどん一つになる感覚がありました。


最後は、雄大さんに出演者全員呼び込まれ、雄大さん作の「南回帰線」を。
国境のない音楽会にぴったりの曲。
本番前のリハ一回のみでしたが、各自がとても楽しみながら演奏していたように思います。


(幸せな時間でした)


風知空知は、雰囲気も素敵だけど、音がとても良かった!
素晴らしいスタッフのみなさまに感謝。
ご来場くださった皆さま、共演者の皆さま、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました!!


次回の「hue」ライブは、笹子重治さん、橋本歩さんとのトリオで、7/6(木)青山プラッサ・オンゼです!
今日も、そして次回も、素晴らしい方々とご一緒できるのは本当に幸せだなと実感しています。
ぜひお越しくださいませ!

江藤有希 Live『hue』at プラッサ・オンゼ

日時 2017年7月6日(木)Open 18:30 Live 19:30
会場 プラッサ・オンゼ(青山)03-3405-8015
   港区北青山3-5-2 第2青朋ビルB1
出演 江藤有希(Vn)橋本歩(Cello)笹子重治(G)
料金 ¥3,000(+order)
予約 プラッサ・オンゼ 03-3405-8015
   yukivn.info@gmail.com
   「件名:7/6ライブ予約」
   「本文:お名前、人数、ご連絡先」を明記の上、お申し込みください。
   返信メールをもって予約完了といたします。